あるプロライターとのやりとり。

あるプロのライターがいる。 中沢明子という方だ。 この方はtwitterにおいて2014年4月3日、 他人(仮にAさんBさんとする)のごく他愛のない小沢健二に関する会話を、 自らのフォロワーにRetweetという形で晒し、 その上で、バカ、という言葉を使い、AさんBさんの会話を否定しバカにした人間である。 Retwe…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

東京の街が奏でる 第五夜、第八夜レポート

東京の街が奏でる (ネタバレ満載です。読みたい方のみどうぞ。) 甘美、祝祭、希望、光。 時の交差。記憶に刻まれる「時」。 難しい時に向き合う意味。東京オペラシティ。 不規則なリズムを打つ、いくつものメトロノームが少しずつ一つになってゆく。メトロノームが象徴する、いくつもの交差する「時」がひとつになり「今という時」を…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

作品集「我ら、時」。

 少し時間が経ってしまったけれど、関東地方を雪が覆い尽くす前日の、2/28日夜、USTREAMにて、作品集「我ら、時」の発売が決まったことを、小沢健二本人によって伝えられた。嬉しそうに、仲間とともに喜びをわかちあって。その嬉しさは、画面のこちら側にいる多くの人にも共有できるようで、つながっているようで、嬉しかった。  以前のひふみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢健二 コンサートツアー「ひふみよ」初日レポ

小沢健二 コンサートツアー「ひふみよ」初日。 5月18日グリーンホール相模大野。 (※6月2日、本文中になんとなく写真追加)  もう、この日をどれだけ待ちわびたことか。不在の間、どれだけ繰り返し彼の音楽を聴いたことか。どれだけネットで検索したことか。  公式なルートで販売されたチケットは、あまりの倍率の高さに全て落選…
トラックバック:2
コメント:37

続きを読むread more